×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

魚嫌い克服

小さな子供の魚嫌い克服

お魚が嫌いという小さい子の話を聞いてみると、どうも味そのものではなく、骨が刺さってしまうとか
食べにくいからというのが元にあり、総じてそのままお魚が嫌いになってしまったという経緯があるようです。

 

ですから、煮たり焼いたりした魚は嫌いなのに、お刺身は平気だ…という人もいます。
本来であれば、魚介類は生のほうが風味や独特の臭みがあることもあるので、こういったタイプの魚嫌いは

 

食べず嫌いとまではいかなくても、食べるのがめんどくさくてなんとなく味そのものも嫌い…という分類になるのではないでしょうか。

 

それを克服するには、小さいうちの魚は、骨などがあまりひっかかる心配のなく食べやすいものからという調理法がベストです。
もちろん、小さな子供でも焼き魚が好きだというのでしたら、それで問題はありませんが、そうでないのならそのまま齧れるフライなどから始め、鮭やぶりの照り焼きなどに進み、大人は平気な小骨でも、子供にとっては邪魔な小骨付き焼き魚は避けるといった方法での食事で、魚料理に慣れていくようにしましょう。

小さな子供の魚嫌い克服関連ページ

美味しい魚を食べて魚嫌いを克服!
魚が嫌いという人に理由を聞きますと、だいたいの人は「食べづらい・臭い」などという理由をあげます。 確かに、肉に比べると調理しづらかったり骨があって食べづらかったりしますし、臭いが気になることもあります。
魚嫌いと骨
私の周りに魚嫌いな人がいます。 私の主人と息子です。大の大人ですが、2人とも魚が出ると決まって言う言葉があります。 「骨あるの?」と。 魚だから骨があるに決まってるでしょ、と私はいつも返答するのです。
魚嫌いを克服するには
アレルギーの方を覗いて、一般的な魚嫌いの方は、大きく分けて、2つのタイプがあるのでは無いかと思います。 1.魚の見た目、匂いが嫌いなタイプ 2.魚が嫌いと思い込んでいるタイプ
ご主人の魚嫌いに悩んでいたら!
肉や魚に含まれるDHA・EPAは「ユーグレナ・ファームの緑汁」を飲めば魚を食べる以上に簡単に摂取できます。DHA・EPAを効率よく摂取すると脳が活性化し学習能力や記憶能力の向上に働きます。DHAには、メタボリックシンドローム、動脈硬化心筋梗塞脳梗塞、糖尿病、アレルギー性鼻炎、視力低下、認知症、うつ病など様々な病気への改善効果があります。