×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

魚嫌い克服

妊娠中や授乳中のDHA摂取はサプリか栄養ドリンクで

妊娠中にDHAを摂取すると、おなかにいる赤ちゃんの脳神経の発達に効果があるとされています。
妊娠中に摂取したDHA栄養素は、胎盤を通じておなかの中の赤ちゃんに届けられます。

 

また、産後の女性である授乳中にDHAを摂取した場合も同様に、母乳を通してその栄養分が赤ちゃんに届けられることとなります。
このDHAがもたらす効果について研究が行われ、顕著な結果が出ました。

 

30人の妊娠中の女性を対象に、DHAを投与したグループ、投与していないグループに分けたところ、

 

DHAを投与したグループの赤ちゃんはDHA濃度が高くなり、更に生後18ヶ月の時点で、運動発達や情緒発達などの面が促進されて向上しているという結果が出たのです。

 

妊娠中にDHAを摂取するということは、赤ちゃんの発達、発育に効果的な影響を与えるというわけです。

 

青魚から摂取するのはリスクあることも

妊娠中、授乳中に摂ると赤ちゃんに良いとされているDHAですが、青魚にも多く含まれているため、食事から摂取しようと考えている方も多いかもしれません。

 

しかし、青魚には水銀や放射性物質が微量ではあるものの含まれていることもあります。

 

大人が食べても問題はありませんが、妊娠中や授乳中の女性の場合、悪い影響を及ぼさないとは100%言い切れません。

 

安全性を確実に求めるのであれば、DHAサプリメントです。

 

副作用もなく天然食材を使用して作られているDHAサプリメントなら、リスクを回避し効果的な栄養分のみを摂取できるのでお勧めです。

 

お勧めのDHAサプリメントはこちら